採用情報

研修制度

営業スタッフ

■新入社員研修

  • ○合同基礎研修(営業職・サービス職)

    入社式後から全職種合同で基礎導入教育を約1ヶ月間実施しています。

    研修では、役員・部門長との懇談を通じて会社のビジョンや方向性を理解して頂くことの他、会社の規定関係や取扱い商品の勉強会などを実施。また外部講師による「ビジネスマナーの習得」「社会人として心構え」などを学びます。

    その他、「車両生産工場見学(トヨタ自動車東日本)」や運転の危険性を学ぶ「交通安全講習(JAF・自動車学校)」など座学だけではなく実際に体験し、自動車に携わる会社の社員としての基本を学びます。


■営業専門教育

  • ○専門研修(営業職)

    お客様への提案話法や見積もり作成、商品知識勉強など、お客様の「最適な一台」選びのサポートの基本を学びます。

    全く車の知識の無い新入社員がほとんどですので、専門知識を約1か月間かけてイチから学び、それぞれの長所を活かした応対の土台を築いていきます。

    また、販売の知識だけではなく、つなぎ(作業着)を着用し、車の整備について学ぶエンジニア研修も組み込まれていますので、車についての知識を実車に触れながら学ぶことが出来ます。

■ビッグブラザー制度

  • 配属後は、新入社員一人ひとりに専任の教育担当者を任命する、「ビッグブラザー制度」を導入しています。ビッグブラザーが主となり業務全般をサポートし、新入社員と二人三脚で成長していきます。


営業集合研修

  • トヨタカローラ宮城では「自ら学び、共に成長する」を基本に、OJTと集合研修をミックスして、より実践力を磨き上げる研修を継続して実施しています。


サービスエンジニア

■新入社員研修

  • ○合同基礎研修(営業職・サービス職)

    入社式後から全職種合同で基礎導入教育を約1ヶ月間実施しています。

    研修では、役員・部門長との懇談を通じて会社のビジョンや方向性を理解して頂くことの他、会社の規定関係や取扱い商品の勉強会などを実施。また外部講師による「ビジネスマナーの習得」「社会人として心構え」などを学びます。

    その他、「車両生産工場見学(トヨタ自動車東日本)」や運転の危険性を学ぶ「交通安全講習(JAF・自動車学校)」など座学だけではなく実際に体験し、自動車に携わる会社の社員としての基本を学びます。

■サービス専門教育

  • ○専門教育(サービス職)

    配属前の1ヶ月、本社の研修センターにて車検整備や定期点検など新入社員が現場配属後に担当する業務を中心に反復して学び、現場で活きる技術を身に付けてもらいます。


    ・専門研修(サービス職)


    専任の教育担当が、同期同士で競い合いながら厳しくも愉しく、基礎的な技術力を身につけていきます。また、車両の取扱いや安全作業についてなども学びます。


■トヨタサービス技術検定ステップアップ教育講習


  • 集合研修にて「トヨタ検定(1級~3級)」取得をサポートし、実践的な技術力や知識を身につけていきます。

    その他にも、本部全面サポートのもと「自動車検査員」「板金見積」など様々な資格取得や研修を通して、スキルアップとモチベーションアップに繋げています。


  1. 研修制度